メインイメージ

解体工事の契約書

解体工事の契約書について

解体工事は現場調査や見積もり、契約、着工などの流れで進めていくのが一般的です。見積もりを作成してから工事をする前に、業者には解体工事請負契約書を交わしてもらいましょう。口約束をしただけ、見積書を出してもらっただけで工事をするのは大変危険です。業者の中にはトラブルを起こしている業者も多いですし、こういった工事のトラブルは後を絶たない悪徳業者もいるのです。

後でもめたりトラブルになってはいけませんので、きちんと書類関係は整えておきましょう。解体工事の契約書は全国一律で決められた書式があるわけではないのですが、万が一業者と野間でトラブルになってしまった場合に証明できる唯一の書類となります。第三者がこれまでの経緯を確認できるのはこれしかないのです。契約金額のみが記載されているような書類では何の意味もありませんので、内容もしっかりと把握しておく必要があります。たとえば第三者が確認できるかどうかは重要です。要望、打ち合わせの内容が書面に反映されているのかどうか、それを第三者が見てもわかるのかどうかが重要なのです。そのために葉一般的に、契約書以外に約款の用意、見積書などの書類も一緒に契約締結をする際には必要です。

書面の内容をチェックする際には、解体工事における何をどこまで含めているのかという点です。全般、一式といったあいまいな表現では何が含まれているのか、一式の内容は何なのか、それを確認することができませんので、何をどこまで含めているのか、全般と書かれている場合には全般の範囲、一式と書かれている場合には、一式の範囲を確認する必要があります。見積書などの書類も必ず残しておきましょう。建物についての譲歩津押して坪数、施工範囲、建物以外の撤去を依頼するもの、足場や養生などの仮設に必要な費用、産業廃棄物処理に必要な費用なども、含まれているのかどうかという点は少々細かいかもしれませんが、必ずチェックしておきましょう。契約をする前にきちんと説明を受けた上で書類にははんこを押すことも重要です。

書類は存在していてもその内容が意味のないものである場合にはまったく効力を発揮しません。それでは存在していても意味がないのです。トラブルにならないように、後で証明するための書類であることを忘れないようにした上で解体工事の契約時に内容を必ず確認し、もし不明な点やあいまいな点があった場合には必ず確認をして納得したうえで契約することが重要です。