メインイメージ

固定資産税の支払を無くす

解体工事を実施する事で固定資産税の支払を無くす

解体工事を実施する事により、今まで支払を続けていた固定資産税は滅失処理となり除却されます。解体工事で物が無くなるのですから当然の処理といえば当然の事で、固定資産税も支払がなくなります。

機械や器具や構築物や車輌運搬具などで固定資産税を納めているものは、今後は解体工事の影響で納める必要が無くなります。しかし、解体工事後にまた新たな機械などを導入すればその時点で資産計上を行いその時に改めて固定資産税が発生してきます。

解体工事を行う際には、基本的に資産台帳などで固定資産をまとめている会社はしっかりと除却の処理を行わなければ忘れてしまえばそれだけ無駄な税金を支払わなければいけなくなります。その辺りは、経理の方が行っているならしっかりと把握しておかなければいけません。もし税理士や会計士の先生に委託をしているのならば安心でしょう。

業務的に解体工事を行う事は、そこのスペースをどうするかが今後の営業活動にも影響を及ぼします。しっかりとした減価償却の知識のある方ならばその後の処理も必要となりますが、経営者の考え方に従いながら新たな設備投資になるならばそれなりに対応をしていかなければいけません。

解体工事と言ってもそれまでは、現状資産として使っていた設備で何らかの不具合や劣化などで新規を入れ替えたりその撤去したスペースを活用して違う事を考えたりも行われます。その様に使っていた業務にプラスに働きかけていた資産でも当初の機械では、システムが古くて性能も生産性も現代の方が向上する事が多い様です。

解体するに至り業者などを呼んで作業を行うのですが、解体工事にかかる費用などは費用処理を行って経費計上する事が出来ます。税金の流れとしても、清算する為の設備に関しては税金を徴収してそれを撤去する費用は費用処理などで控除を受ける事が出来るのです。

会社を経営する上で、古くなった設備を新しく入れ替える事により生産性を向上させると共に人件費を削るなどの役割を果たしたりも出来ます。設備と言った物にも税金はついてきますが、時が経てばその設備の税金も支払が無くなります。それだけ古くなれば買い直しを行う事のケースが多くなるという事です。こう言った時にもやはり解体工事が行われていきます。

実際に解体工事を行って設備の撤去をしてもらい、現在税金を支払っている固定資産税の資産を除却する事で支払は無くす事となりスムーズな会計処理が行われます。