メインイメージ

住宅の間取り

厚木で建てる一戸建て住宅の間取り

厚木で一戸建て住宅を求めるには、注文設計で新築する場合と建売住宅を購入する場合とがありますが、厚木で良い土地があれば注文設計で計画したほうが満足度を高めることが可能です。建売住宅と注文住宅では迷うところも多いですが、それぞれの特徴を把握すれば自分にあった一戸建てにすることが可能です。住宅は住む人にとっては間取りが重要なポイントになってきますが、厚木で購入できる土地によって注文設計の良し悪しが変わるため、比較をして選ぶことが大切です。

建売住宅には、引き渡しが早いためすぐにでも住むことができるメリットがあります。完成した物件の中から希望にあった物を選べるため、家族構成やライフスタイルに間取りが合えば安く済ませられるメリットもあります。住宅はプランによって性格が大きく変わりますが、建売住宅は完成した物件から選べるため納得してから購入できます。見たままの状態で選べるために失敗が少ないのも魅力となりますが、逆に言えばそれ以上の希望を叶えることができない物件となります。妥協をしなければならない部分もあるため、住む人が住宅に合わせなければならないと言えます。

注文設計では厚木の土地や地域性に合わせて自由にプランを設計できますし、家族構成やライフプランに合わせて最適な一戸建てを計画することが可能です。建て替えでも土地を購入した場合でも同じですが、住宅設計は土地に合わせて有効利用ができるように設計されますので、土地の形状が悪くても最大限に良さを出すことが可能です。小さな土地でも不正形な土地でも同じですが、土地にあった住宅と、住む人に合わせて計画できる点が注文設計の魅力となります。

メリットに関してはそれぞれに特徴がありますが、デメリットについても知る必要があります。建売住宅は平均的な家族構成に適したプランで計画されていますので、人数が多いと部屋数の不足がありますし、体の自由がきかない高齢者だけの家庭では2階部分を使用しないために無駄が生じてしまいます。完成している物件は計画変更ができませんので、そのまま不便な暮らしを続けることになります。注文設計のデメリットは、設計プランの組立が難しい点があります。設計プランと完成した物件がイメージが合わないこともあります。

厚木の一戸建てでは土地に合わせて計画する必要がありますので、注文設計が優れていると言えますが、メリットやデメリットを考慮して建売と注文設計を選ぶことが大切です。”

最近の投稿

バナー