メインイメージ

解体工事を行う際

解体工事を行う際の数々の作業について

住宅を壊して更地の状態にすることを希望している方の場合では、解体工事を専門に行っている企業に依頼をすることが必要になります。素人では手を付けることのできない部分があり、また、危険が生じてしまう可能性も持っているために、解体工事の専門家に任せることによって、スムーズに作業を進行させることができます。解体工事に入る前には一定の作業を必要としています。この部分については住宅の所有者が自ら行うことが必要になる内容となっており、例えば荷物を運び出すことを必要としています。新しく入居する住宅がある場合では、引越し作業となりますが、室内の物品に関しては、基本的には全てを取り除いておくことが望ましいことになります。また、各種インフラ関係を閉栓することも必要です。例えばガスを止めることも必要になり、電話回線なども大切な項目になります。解体工事では、業者によっては電気を使用したり、水道を使用する場面もあるために、電気と水道に関しては事前に解体業者と話し合いを行っておくことが必要とされています。実際に解体工事に進んだ場合では、一般的には住宅の周囲を取り囲むように足場が設置されることになります。足場にはシートが被せられ、周囲の住宅に埃や騒音などが漏れないように配慮することも行われています。また、一般的には重機を利用して解体が行われることになりますが、住宅のある場所によっては重機を搬入することが困難なケースもあります。この場合では手作業で解体工事が進められることになり、一定の日数を必要とすることがあります。また、重機を搬入することができた場合でも、大きな道路沿いなどに建てられている住宅の場合では、警察署の許可申請を必要とする場面もあります。これは道路の一部を使用する際に必要とされているもので、同時に警備員などを派遣することも求められています。作業が進むと、住宅の廃材などが多数出ることになりますが、解体工事を行う会社では、例えばコンクリートや木材、金属部分などに分類をして、それぞれ適している場所に廃棄することを行っており、常に適切に処理されることになります。また、ドアや窓ガラスなどの建具全般に関しては、解体工事を着手した際に、初めの段階で取り外しが行われる部分になるために、問題無く対応することができます。最終的には更地の状態に仕上げることを目的としているものですが、中には雑草などが生えないように施工されるケースも見られます。